ステンレス

ステンレス鋼はクロムやニッケルを多く含み錆びにくい鋼材として知られる。
このうち弊社で精密部品として取り扱いが多いのは、オーステナイト系、マルテンサイト系、析出硬化系の3系統となります。

SUS304を代表とするオーステナイト系は非磁性であることが特徴です。耐食性が高く衛生的であるため、製紙、食品、半導体業界向けなどに良く使われています。化学工業向けなど薬品にも耐えるSUS316はステンレスの中でも耐食性トップクラスです。


最も使われるのはやはりSUS304の印象がありますが、よくある質問としてSUS304とSUS303の違いについて聞かれることがあります。これは加工性の違いがあり、SUS304は粘りが強いためバリが立ちやすく加工性が悪いですが、SUS303は硫黄やリンを添加されていて加工性を向上させています。若干耐食性が落ちていたり、使い勝手が微妙に違うと指摘されるユーザー様もいらっしゃいますが、多くの場合はSUS303で問題ないですし、加工コストを安くできる場合もあるでしょう。

機械部品として硬度を求める場合には焼入れが可能なマルテンサイト系が向いています。
熱処理によってHRC60程度までの硬度を得られるため、治工具や金型、刃物などの材料に使われます。SUS630を代表とする析出硬化系は高い引っ張り強さや耐力があるためシャフトなどに使用されます。精密部品として良く取り扱うステンレス材料は次の通りです。

分類 磁性 対応鋼種 特徴 用途
オーステナイト系
ステンレス
非磁性 SUS303 304より耐食性が劣るが
耐焼付姓、快削性良好
一般機械部品、治工具
ボルトナット類
SUS304 ステンレスの代表的鋼種
耐食性、溶接性
化学工業設備
半導体製造装置
SUS316 高耐食性
高温強度が高い
食品製造設備、
半導体製造装置
マルテンサイト系
ステンレス
磁性 SUS420 炭素を含み
焼入れが可能
ばね、プラスチック型、
医療器具
SUS440 ステンレス鋼で最高硬度
耐磨耗性が高い
刃物、ゲージ、ノズル
析出硬化系
ステンレス
SUS630 耐食性を落とさず
SUS304の約2倍の強度
シャフト、タービン部品

ステンレス材料については、上記の代表例以外にも幅広い種類がございます。

用途に合わせた選定で迷う場合も多いかと思いますが、お問合せページよりお気軽にご相談ください。

関連製作事例

上記コンテンツと関連する製作事例がご覧頂けます。
部品の機能向上や用途に合った設計のヒントなど、熱処理や表面処理など様々な視点からアイデアをまとめています。設計のヒントにご活用ください。