特注部品加工の専門業者として図面設計検討の段階からご相談承ります。

特注部品加工事例 PARTS PROCESSING

SKD11+超硬ロー付けのカッター(111×30×5)です

J1027075-002 カッター 超硬 SUS 平面研削 ロー付 電子部品 角形状

このカッターの先端に用いられている超硬合金は、超微粒超硬を用いており、耐摩耗性・硬度に優れています。
(お客様のご要望によっては非磁性超硬合金での製作も可能です。)

刃部はカッターとして正確な切断を実現するため、反り(0.01以下)、チッピング(0.01以下)共に高い精度が要求されます。

SKD11の母材に対して、超硬合金の刃部をロー付しています。このロー付部をロー付後に反りの修正、およびチッピングの除去を行うために、高い平面研削加工技術必要となります。

SKD11(焼入)製カッター(平行度0.01、150×50×10)です

J1031464-006 カッター 超硬 平面研削 電池 角形状

このカッターの材質にはSKD11を使用しています。部品に耐摩耗性を求める際によく使われる材料です。

このカッターはもう一つ対になるカッターがあり、2つ1組で使用します。そのため、お互いのカッターの反り具合が切れ味を大きく左右します。

もう一つの対になるカッターの反り調整や材質選定が重要です。お互いの反りが大きつぎでも小さすぎても満足な機能を発揮することができません。また、このように2つ1組にして使用するカッターはあえて硬度の異なる材質同士を採用することもあります。

 

 

厚さ0.5mm 粉末ハイス製薄刃です

J1033362-001 カッター 粉末ハイス 平面研削 電子部品 角形状

粉末ハイス使用しています。スチールとしては非常に高度が高く(HRC68以上)、耐摩耗性が高い反面、扱いが難しく、こういった薄刃に使用するには高い加工技術が必要です。

薄刃(今回の加工事例は暑さ0.5mm)は超硬製などのカタログ品を使用することが多いと思いますが、時にはこういった特注品も必要になります。

非常に薄いため、加工時の欠け、割れなどに最新の注意を払いながら加工を行います。弊社では平面研削盤以外の加工機を使用し、この部品の研削加工を行います。

 

最大外径φ7L200、SKD11製巻芯(同芯度0.01)です

J1022696-006 巻芯 丸形状 SKD11 ゴム  旋盤 ワイヤー 放電 円筒研磨 電池

SKD11(焼入れ)製の巻芯です。SKD11は熱処理による歪も少なく、常温での耐摩耗性に優れ、窒化処理によっても高い硬度が得られることから精密機械加工部品、各種ゲージ、プレス型へ多数採用されています。

先端部に同芯度0.01、対称度0.01、の幾何公差が入った2個1セットで使用する巻芯です。
全長が約200mmと、弊社が製作する巻芯のなかでは最も長尺の部類になります。

この巻芯は円筒形状の材料を粗加工後に焼入れ焼き戻しを行い、2つに切断した後、専用の治具を使用して加工を行います。
同芯度、対称度は2個1セットで使用する際の幾何公差として保証しています。
長尺の巻芯はしばしば抜け性が問題になることがありますが、各種コーティング、めっき、機械加工上の工夫など、様々なご提案を行っています。

 

SKD11(焼入)製 巻芯受(同芯度0.01、最大外径φ9 Hcrめっき)です

J1022582-002 巻芯受け 旋盤 プロファイル 円筒研磨 丸形状 電子部品

SKD11 (焼入れ HRC55~)にハードクロムめっきを施した巻芯受けです。SKD11はパンチ・ダイをはじめ、様々な治工具に採用される鋼種で、焼入れ性、加工性が優秀なだけでなく、一定以上の防錆性も期待でき、また常温での耐摩耗性も備えた材料です。ハードクロムメッキ(弊社の場合、膜厚は通常1~2μm)は硬度はHv800前後(HRC64相当、めっき業者による)あり耐摩耗性に優れているだけでなく、めっき処理前後の変寸も少なく、また小さな部品であれば1個あたり数百円~のコストで行えるめっきで、様々な用途に使用されています。

同芯度0。01、採用公差レンジ0.01mmの巻芯受けです。

巻芯受けは当然、巻芯と同等の加工精度を必要とされます。旋盤、円筒研削盤の技術をが必要な加工品で同芯度だけでなく、鍔部分との直角度なくに高い精度が求められ、巻芯使用時の性能を大きく左右する重要部品です。

全長300mmのカ超硬製カッターです

J1025943-001 カッター 超硬 平面研削 電池 角形状

超微粒子超硬を使用した部品です。通常超硬は取り扱いが難しく材料費も非常に高くなるため、こういった長尺の部品にはあまり使用しませんが、耐摩耗性が必要な場合には已む得ません。

非常に長いカッターのため、刃として使用する部分は約200mmもあります。

そのため、刃の反りを狙った精度に収めるのは非常に難しく。また、刃先の全ての部分に欠けが発生しないよう、加工を行うのにも高い技術が必要です。

 

  • 設備情報 facilities Information
  • 加工技術情報 最新加工事例 Processing information
  • VA・VE技術ハンドブック
  • テクニカルレポート VE設計製作レポート
  • 材質技術情報
  • 表面処理情報
  • よくある質問
  • 採用情報サイト