特注部品加工の専門業者として図面設計検討の段階からご相談承ります。

特注部品加工事例 PARTS PROCESSING

HPM38へダイヤモンド電着をしたチャックツメ(最外角25×70)です

ツメ

HPM38へダイヤモンド電着を行ったツメです。ダイヤモンド電着とはワーク上にダイヤモンドの砥粒が接触した状態でメッキを行うことで表面にメッキ層をつくり、砥粒を物理的に固定する工法のことを言います。ダイヤモンド以外にもCBNなどを固着することもあり、多くは工具や砥石の製造工程で行われます。治工具などで使用する場合は特に耐久性を求められるような部分に使用すると効果的です。

全体的に複雑な形状をしており、寸法公差±0.03~±0.05での位置関係が数カ所にうたわれています。また上下面には平行度0.05が指示されております。

位置関係が寸法公差によって厳しく指定されているため、弊社では最初に上下面の平面研削を行い平行度をしっかり出した後に、ワイヤー放電加工機にて一体加工を行っております。それにより位置関係をより高精度に出しております。

  • 設備情報 facilities Information
  • 加工技術情報 最新加工事例 Processing information
  • VA・VE技術ハンドブック
  • テクニカルレポート VE設計製作レポート
  • 材質技術情報
  • 表面処理情報
  • よくある質問
  • 採用情報サイト