特注部品加工の専門業者として図面設計検討の段階からご相談承ります。

特注部品加工事例 PARTS PROCESSING

S45Cへ超硬を圧入した巻芯(全長100、S45C部30×25×20、超硬部20×70)です

0184011-001 巻芯

母材はS45C、突起部分に超硬材料を使用しております。超硬材料は材料費が他の金属と比べ高額になりやすいので、少しでも使用量を減らす工夫が必要となります。特に必要な部分に絞って使用箇所を限定することで安価で耐久性のある治工具を製作することが可能です。

S45Cの角柱に超硬の角形状の板を圧入することで一体物の形状を作り上げております。この超硬板の長手方向の角には4-R0.5の指示がうたわれております。

超硬板には4-R0.5の指示がうたわれているため、弊社ではプロファイル加工を行うことで全長方向に向けてR加工を行っております。また超硬部分は突出し部分で70mm必要なため、圧入しろを含めて80mm程度の全長にしておく必要があります。プロファイル加工ではこのような形状加工を行うことに適しています。

ダイヤモンドロー付け部品(25×7×3 両端面平行度0.002)

J1033040-001   ツメ  電子部品  ロー付 ワイヤー放電 平面研削 角形状  ダイヤモンド  ABA-VZ02E-0  15×5×3

SUS304のボディにダイヤモンド焼結体(ダイヤモンドコンパウンド)をロー付けする部品です。部品の特定の箇所の摩耗が激しい場合、超硬などの高硬度材料をロー付けすることは珍しくありません。ただし、部品が接触するワークも高硬度材料(セラミックなど)の場合の場合、超硬をロー付けしたものでも、部品の長寿命化はあまり期待できません。そういった場合はダイヤモンド焼結体(ダイヤモンドコンパウンド)をお勧めしています。ダイヤモンド焼結体はスチールや超硬などに比べさらに硬度が高く、部品寿命の桁が変わることもございます。

この部品は主にマシニングによる切削加工になります。

インバー材を採用した場合の部品精度は一般的なスチール(生材)と同程度どお考え下さい。

S45C+超硬ロー付け(50×20×10)のシューです

J1019943-005 シュー ロー付 平面研削 マシニング 超硬 S45C 角形状 機械要素

S45Cは炭素鋼の中でもS50Cと並んで最も一般的に使用される材料で、SS400のような一般鋼材では硬さと機械強度に不安がある場合によく使用されます。この製品はS45Cのボディーに先端部のみ耐摩耗性向上のため中粒の超硬をロー付けして作成されています。

ボディー部分をマシニングで加工後、先端部に超硬ブロックをロー付けし、超硬部は平面研削にて仕上げ加工を行っています。

ロー付けは接着やハンダ付けと同じようにその強度をいかに確保するかが常に課題となります。ロー付け面積の確保のための形状設計、最適なフラックスの選定、ロー付け温度の管理、線膨張係数が大きく異なる素材同士の場合は銅板等の緩衝材を入れる等々、さまざまなノウハウを活用して製作しております。

S50C+非磁性超硬ロー付けのツメ(60×10×7)です

J1025262-002 ツメ 非磁性超硬 ロー付  プロファイル ワイヤー 角形状 電子部品  10×10×60

耐摩耗性、耐食性に優れた非磁性超硬をS50Cのボディにロー付けしたツメです。

先端部の非磁性超硬部分の外形寸法は約4×4×3mmと非常に小さいものです。

その超硬を先端部にロー付けした後、仕上げ加工を行っています。S50Cはロー付け時の熱による熱膨張が少なく、超硬をロー付けするのに適した母材と言えます。また、先端部の最も精度が要求される部分は10000分の1mm制御のプロファイル加工機で行っています。

  • 設備情報 facilities Information
  • 加工技術情報 最新加工事例 Processing information
  • VA・VE技術ハンドブック
  • テクニカルレポート VE設計製作レポート
  • 材質技術情報
  • 表面処理情報
  • よくある質問
  • 採用情報サイト